Dinwiddie Colored Quartette(ディンウィディー・カラー・カルテット)

(出典:Black Music Scholar

アフリカ系アメリカ人で最初期に録音したヴォーカル・グループ

◯ディンウィディー・カラー・カルテットは、黒人グループで最初にディスクに録音した。
◯1902年に録音〜1904年に解散とその歴史はかなり古く、重要な存在である。

Down On The Old Camp Ground(1902年)」ブラック・ジュビリーソングとして最初期の重要な曲

Poor Mourner(1902年)」黒人霊歌のスタンダード

Gabriel’s Trumpet(1902年)」”最後の審判”の笛を吹く大天使ガブリエルのラッパになぞらえた曲

 

ディンウィディー・カラー・カルテットはわずか6曲だけを記録として残しているが、蓄音機レコードタイプの最初の黒人のヴォーカルグループと言われている。

確かに1902年だから相当古い。初期のクラシック・ブルースやジャズの録音でさえも1910年代くらいなので、フィスク・ジュビリー・シンガーズを筆頭にこの頃に生まれた黒人霊歌を歌うジュビリー・コーラスグループは飛び抜けて早く録音されていることがわかる。メンバーの写真も残っていないので、画像はディスクレコードにした。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
CTR IMG