Richard “Rabbit” Brown (リチャード・”ラビット”・ブラウン)

ハスキーヴォイスなソングスターで12小節ブルースの先駆者

(出典:Discogs

◯ルイジアナ生まれのフォーク・ブルースシンガーでソングスター
◯ラルフ・ピアによる生涯で6曲のレコーディング
◯Blind Willie Harris(ブラインド・ウィリー・ハリス)という仮名を使って活動していた可能性がある。

James Alley Blues(1927年)」最も代表的な曲。そして最もブルースっぽい曲である。ボブ・ディランもカヴァーしているようだ。個人的にはこの曲が一番カッコいいと思う。

I’m Not Jealous(1927年)」結構ギターのテクニックも上手かったのがわかるフォークソング。ギターの低音源をバチバチ音を鳴らす”スナッピング”を使っていてアクセントがあって面白い。

Mystery Of The Dunbar’s Child(1927年)」なんか少し哀愁を感じるフォークブルースだ。好きな曲。

The Sinking Of The Titanic(1927年)」タイタニック号の沈没について書いた曲。

 

リチャード・ブラウンは残念ながらアイコンにあるように本人の実像が残っていない。アフリカ系アメリカ人のソングスターであることはそうなのだが、いかんせん古い人なので記録も少し曖昧なところがある。

ニューオリンズの治安が最悪な場所で暮らし、また音楽で日銭を稼ぎながらブルースを奏でていたリチャード・ブラウン。そのハスキーなヴォイスは魅力的で、彼はまた、12小節ブルースを学んで取り入れた最初のミュージシャンとも言われている。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
CTR IMG