Sam Collins(サム・コリンズ)

泣きのスライド・ギターとファルセットのブルースマン

(出典:alchetron

◯ミシシッピ南部出身のカントリー・ブルースマンだが、デルタブルースとはスタイルが少し異なる。
◯その泣くようなスライド・ギターとファルセットを使った歌が特徴的
◯たくさんの別名を持っている。(Salty Dog Sam、Crying Sam Collins、Jim Foster、Jelly Roll Hunter)など

Yellow Dog Blues(1927年)」サム・コリンズ最初の録音と言われる曲。タイトルの「イエロー・ドッグ・ブルース」はW.C.ハンディが1903年にタトワイラー駅で初めて聞いたブルースを元に作曲したもの。しかしハンディのバージョンとは異なっている。

The Jailhouse Blues(1927年)」最も有名で代表的な曲で、スライド・ギターとその歌声がかなり泣いているような感じだ。これぞサム・コリンズといった感じでその裏声に近いファルセットも凄い。

Devil In The Lion’s Den(1927年)」これも代表的な曲として挙げられる。元ネタは聖書にある「ダニエルとライオンの穴」なのであろう。

I Want To Be Like Jesus In My Heart(1927年)」個人的に好きな曲で、元はアフリカ系アメリカ人の黒人霊歌。ブラインド・レモン・ジェファーソンもやっている。スライド・ギターとユニゾンの歌メロがフィールド・ハラーを想わせる。

Do That Thing(1927年)」カッコいい。これはロックンロールではないか!?ギター1本で弾き語っているがバンドでやれば普通にロックンロールである。ヴォーカルもいい。なんでこんな曲がもっと評価されないのだろう?不思議である。

Lonesome Road Blues(1931年)」後期の代表曲。ヴォーカルが急激に上手くなっててソウルフルでメチャクチャいい。まさしくこの曲なんかはデルタ・ブルースではなく、フォーク・ブルースではないだろうか。

Slow Mama Slow(1931年)」これはデルタっぽい。もちろん南ミシシッピの出身とはいえ、このようなコテコテのブルースはお手の物だろう。リゾネーター・ギターを使っていてなおさら雰囲気が出ている。

 

サム・コリンズはデルタ・ブルースに入り切らないその独特の”泣き”のスタイルを持っていたが、逆に少し中途半端に(フォーク・ブルースなど)カテゴライズされてしまったために、あまり有名にはならなかった。

しかし彼のパフォーマンスを聴いてもらうとわかると思うが、明らかに過小評価されているのではないだろうか?少なくとも僕はそう感じる。「git-fiddle」と呼ばれる泣きのスライドを用いたリゾネーター・ギターの音とファルセットを駆使したヴォーカルから出されるブルーな叫びは心に突き刺さるのだ。

1924年くらいまではキング・ソロモン・ヒルというブルースマンと一緒に活動しており、その頃にスタイルが完成されたのだろう。

生涯で22曲と録音された音源もあまり多くないが、とにかくたくさんの偽名を使い分けていた意図はなんなのか。なんとも不思議なブルースマンである。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
CTR IMG