Blind Lemon Jefferson(ブラインド・レモン・ジェファーソン)

”テキサス・ブルースの父” ブラインド・レモン・ジェファーソン

ブラインド・レモン・ジェファーソン・・・最高の名前である。最初聞いたとき「エッ?レモン??」と思ってしまったが、ほぼ一発で覚えられるくらいにインパクトのある名前だった。

戦前ブルースに関する本や記事などを読むと、重要な人物として間違いなく挙がってくる人物でもある。

何かそんなに凄いのか?書いてみたいと思う。

 

謎多きブルースマン

ブラインド(盲目)

戦前ブルースマンの名前には”ブラインド〜”と名の付くミュージシャンが多い。ブラインドとは盲目のことであるが、テキサスで生まれ育ったブラインド・レモン・ジェファーソン(以下ジェファーソン)もそうであった。

そこにはいろんな要因があるらしいのだが、当時の黒人はほとんどが貧乏であったため、しかも盲目であれば乞食にでもなるしかなかった。そんな境遇を救ってくれるものの一つがブルース・ミュージシャンになることだったのである。目が見えないため耳は異常に良かったとの話もある。実際ジェファーソンは晩年に大成功してとても裕福になっている。

しかしここで一つの疑問が浮かぶ。「ジェファーソンは盲目なのになぜメガネをしているのか?」ということだ。残念ながら残っている肖像というのが、最も有名なギターを抱えた1カットの写真しかなく、ジェファーソン=メガネという認識しかないのである。

メガネをすることで盲目であることを隠していたという説もある。かと云えば、ミュージシャンになる前に生計を立てるためにレスラーだったこともあるそうだが、「盲目でプロレスなんかできるのか??」という疑問もわく。まあ見世物芸人的な感じだったみたいだが。

さらに伝説では、テキサスでは有名だったジェファーソンの影響を受けてリスペクトしていた、その後ビッグなブルースマンとなるライトニン・ホプキンスやT-ボーン・ウォーカー(共にテキサス生まれ)に、盲目であるため先導役をしてもらっていたという話がある。

これらのようにいろんな情報があるため、盲目だったのか視力が悪かったのかもハッキリしていないので、本当のところはわからないが、偉大なブルースマンであったことは事実である。

 

不明な死

ジェファーソンの生涯は36年間(1893年〜1929年)しかなかったという説が今の所有力である。

1925年にレコーディングを始め1929年で急逝したが、その間の4年間に100曲以上も録っているとのことだ。晩年には運転者付きの高級車に乗って、ピシッとスーツを着て、銀行預金もかなりあったそうである。

盲目の黒人として生まれ、いろんな苦労を重ねた後に音楽の道で成功していた矢先の出来事である。順調にいっていたし、さあこれからという時にまさかの死。

嵐の中のシカゴでの急死であるが、その死因は交通事故や凍死、心筋梗塞、毒殺、襲われたなどいろいろあり、今となっては何が本当かもわからない。

確かに急死という不運はあったかもしれないが、レコーディングを始めてからの売れ行きや勢いは凄まじいものがあり、「Black Snake Moan」という曲などは10万枚も売れたそうである。つまり、戦前ブルースマンの中でも最も商業的には成功した一人と言える。

 

音楽的影響

10代でギターを始めたジェファーソンは、20代の中頃にテキサスのダラスでかのレッド・ベリーに出会う。ジェファーソンの盲目のギタープレイとフィールド・ハラーを感じさせる歌声に衝撃を受けたレッド・ベリーはジェファーソンのことを師匠と呼んでギターを教えてもらいながらしばらく活動を供にした。

レッドベリーだけではなく、その後ライトニン・ホプキンスやT-ボーン・ウォーカー、マンス・リプスカムなどその後の偉大なブルースマンにも影響を与えた。

ジャズピアニストのサミー・プライスの紹介で、戦前ブルースの名プロデューサーであるアート・ライブリーに見出されて、1925年からレコーディングを始めた。

とはいえ、1925年の最初の録音は黒人霊歌で、名義もディーコン・L・J・ベイツという偽名を使っていた。

その後は独自のカントリー・ブルース路線を編み出し、歌詞は特にセックスに関する物が多く、ギターの弾き方はかなり自由に富んでいて、いわゆる”ギターソロ”というものを最初に演奏したブルースマンだと言われている。

生まれつき盲目で始まった人生。その生きていく中で研ぎ澄まされた音感は、他の物が決してコピーできないような独自性を創り出し、その演奏スタイルは哲学的でもあって、今だに僕たちの心に訴えかけてくる。

それでは、ここからは代表的な曲を中心に紹介していきたいと思う。

 

 

代表曲

主な代表曲

Dry Southern Blues(1926年)

ブラインド・レモン・ジェファーソン名義の記念すべき初録音の1曲である。イントロから始まるその特徴的なギターがまさにジェファーソンっぽい。単音弾きとリズムのバッキングを混ぜ合わせたようなリフで、これこそが”ソロギター”の走りと言えるフレーズになるだろう。

またヴォーカルが入ると、その見た目の体格とは不釣り合いな甲高い声でブルースを奏でる。聴くとわかるが、ジェファーソンは自分で歌ってギターを弾くというカントリー・ブルースの典型的なスタイルなのだが、全体のリズムも結構自由な感じにやっている。

重要度 3.5
知名度 3.0
ルーツ度 3.5
好み 3.0
総合 3.0

 

 

Long Lonesome Blues(1926年)

こちらも1926年の初期のレコーディング。しかしこの曲はシングルカットされ、結構売れたようである。世の評判としては”男性の弾き語りで初のヒット曲”と言われている。

この曲もイントロのギターから始まり、歌が入ってくるわけだが、やっぱりギターがかなり特殊である。曲中の歌の間にちょくちょく入ってくる単弦弾きが変わっている。ちょうど歌と歌の間に入ってくる短いギターソロみたいな感じで、基本的にこの1曲を通して、ギターを弾きながら歌っているというところが難しそうだが、ジェファーソンは何くわぬ顔で淡々と演奏している。

重要度 3.5
知名度 3.5
ルーツ度 3.5
好み 3.0
総合 3.5

 

 

Black Snake Moan(1926年)

この曲はパラマウントとOkehの2つのレーベルからシングルカットされて最も売れた曲で、10万枚も売れた大ヒット曲である。売れたのはシカゴでレイス・レコードの名プロデューサーであるJ.メイヨーウィリアムズ
によってリリースされたバージョンである。

「Black Snake Moan」という曲のタイトルはダブル・ミーニングで、歌詞の内容はほぼ性的なことである。「黒い蛇のうめき声」とはなんともヒワイな感じがしてしまうが、どうしてそんな歌が大ヒットしたのかもよくわからない。

しかし、やはり元々当時のブルースはそういうものだったのかもしれない。確かに考えてみれば、今から100年も前のアメリカ南部に生きるアフリカ系アメリカ人たちにとっては、目の前の現実問題としてあるのはお金のことか性的なことぐらいしかなかったのかもしれない。

重要度 4.0
知名度 4.0
ルーツ度 4.0
好み 3.5
総合 4.0

そしてさらに!なんとこの「Black Snake Moan」というタイトルの映画が2006年に公開されているのである。主演はしかもあのサミュエル・L・ジャクソンだ。内容は・・・僕もまだ観てはいないが、幼児期虐待によるセックス依存症を強引なリハビリで治していく?という、なんともマニアックな感じだ。サミュエルは元ブルース・ギタリストの役らしい。うーん、面白そう。。。機会があればぜひ観てみたいと思う。

出典:「Yahoo!JAPAN映画」より

 

 

Jack O’Diamonds Blues(1926年)

これは伝統的なテキサスのギャンブル・ソングであるが、意外にもそのルーツはスコットランド民謡のようだ。ジェファーソン以外にも多くのミュージシャンがカバーしている。

終始絡みつくような、ねちっこいスライド・ギターが弾かれていて、それにユニゾンするようなヴォーカルが乗っている。完全にジェファーソンのオリジナルバージョンとなっていて、アフリカの大地とアメリカ南部の湿地帯を思わせるようななんとも原始的な感じの曲で、個人的には好きである。

重要度 3.0
知名度 3.5
ルーツ度 4.0
好み 4.0
総合 3.5

 

 

Bad Luck Blues(1926年)

この曲のギターなんかは出だしからそうであるが、よく聴いてみるとジミー・ロジャーズなどのオールドタイムのカントリー系のフレーズにも似ている。なんとも言えないのどかさがある。ラグタイムにも精通していたジェファーソンが、時代的にそういったオールドタイムの影響を受けていても全然不思議ではない。

しかし本当にジェファーソンは変わったフレーズのギターリフと全く想像できないヴォーカルラインとの独特の融合をしていて面白い。でもそれは、それだけ裏打ちされたテクニックがあるからこそできるのである。

それからジェファーソンの曲全体的に言える話だが、エンディングの一番最後の音が7thで転調したように終わっているのも面白い。この曲なんかはずーっと明るい感じで進んでいって、最後の音だけなんか違和感がある。まあこれも彼の特徴なのかもしれないが。

重要度 3.0
知名度 3.0
ルーツ度 3.5
好み 3.0
総合 3.0

 

 

Hot Dogs(1927年)

いわゆるラグタイム・ブルースなどと呼ばれるもので、軽快なリズムのギターから入ってきて、そのまま最後まで流れてゆくような曲。後にステファン・グロスマンが取り上げ、再発見されることでブルース界においても有名な曲になっていった。

この曲もギターとヴォーカルの関連性がほとんどわからないくらいに独立した音を出していて、ジェファーソンの自由な独壇場と化している。

重要度 3.0
知名度 3.5
ルーツ度 3.5
好み 3.0
総合 3.0

 

 

Matchbox Blues(1927年)

おそらくブラインド・レモン・ジェファーソンと言えばこの曲が最も代表的だろう。後のロカビリー・シンガーであるカール・パーキンスも影響を受けて「Matchbox」という曲を作っている。さらにその曲をあのザ・ビートルズがカバーをしたことでもっと知名度も上がった。

この曲、一聴するといつものジェファーソン節かなと思うのだが、よく聴いていくとギターのプレイがあまりにも自由にやりたいように弾いていることに気づく。

トレモロピッキング(同じ音を早くカタカタと弾く弾き方)や、いきなり単音ブギーのようなフレーズが出てきたかと思うと、チャック・ベリーのようなR&Rのようなリリックが出てきたりと、ほとんどリズム無視のようなジェファーソンの縦横無尽なフレーズが出てきて、「いったい頭の中はどうなってるんだ?」と思わずにはいられない。まさにクロスオーバー的なミクスチャー・ミュージックである。

でもこの曲でジェファーソンが示したギターという楽器の可能性(ソロ楽器としての)について言えば、凄いの一言である。その後のブルース界はもちろん、ポピュラー・ミュージック界全体に与えた影響は計り知れない。

重要度 5.0
知名度 4.0
ルーツ度 4.0
好み 3.5
総合 4.0

 

 

See That My Grave Is Kept Clean(1927年)

この曲もジェファーソンの有名な代表曲である。たくさんのミュージシャンがカバーしている。ざっと挙げるとライトニン・ホプキンス、B.B.キング、ボブディラン、ピーター・ポール&マリー、キャンド・ヒート、グレイトフル・デッド、マイク・ブルームフィールド、ルー・リード、ライバッハなど錚々たる面々だ。もちろん他にもたくさんいる。

ありそうでないギターリフ。ブラインド・レモン・ジェファーソンを聴く時に忘れてはいけないのは、こんな変わったフレーズを弾きながら歌っているということ。本人独特のリズム感があって、他人にはほぼマネが出来ないのであろう。

だからこそいつまでも彼の価値について皆伝えようとしているのだ。

重要度 4.0
知名度 3.5
ルーツ度 4.0
好み 3.5
総合 3.5

 

 

その他の曲

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
CTR IMG