Bessie Smith(ベッシー・スミス)

”ブルースの女帝” ベッシー・スミス

ベッシー・スミスは1894年、テネシー州のチャタヌーガで生まれた。チャタヌーガはちょうどナッシュビルとアトランタの中間くらいに位置し、アラバマ州にもほど近い場所だ。いわゆるコテコテの南部と言えるだろう。生まれた時からいろんなルーツミュージックを聴きながら育ったことは簡単に想像できる。

成人期には182cmで90kgとほぼ巨体であったようで、その体から出される声量は建造物を揺るがすほどと言われた。

10代にはヴォードヴィル・ダンサーなどを始め、そんな折、15歳の時にマ・レイニーと出会う。ベッシーはブルースを歌っていたマ・レイニーの影響を受けて、それからしばらく前座をやったりした。

1923年、ベッシーはコロンビアレコードからスカウトされ、ニューヨークで初のレコーディングを行った。シングルカットされた「Down Hearted Blues」がヒットして、一気に人気が出たようである。

その後1933年までの間に150曲以上のレコーディングを行い、その巨体から出されるパワフルな声と、繊細な感情を惜しみなく出せる唱法に多くのミュージシャンも影響を受けた。ビリー・ホリデイ、マヘリア・ジャクソン、ダイナ・ワシントン、ジャニス・ジョプリン、ノラ・ジョーンズや日本の浅川マキなどその後の偉大なシンガーたちの心に刻んだ。

ベッシーは他にもサッチモなどたくさんのジャズ・ミュージシャンとも交流があり、一緒に共演もした。

いつしか”ブルースの女帝”と呼ばれるようになったが、1929年の世界恐慌で人気に陰りが出始め、なんとかジャズのスイング的なアプローチで再起を計ろうとしていたその矢先にミシシッピ州のクラークスデールの北数キロにあるコアホマで交通事故に遭う。

一命は取りとめたが、最終的にはクラークスデールの黒人専用の病院で息を引き取った。享年43歳だった。その病院は1944年頃にZ.L.ヒルという人物によって「リバーサイド・ホテル」というホテルに生まれ変わり、今も営業している。なんとベッシー・スミスが亡くなったという部屋が今も残っている。

(出典:Tripadviser(トリップアドバイザー)

 

そして2015年には、ベッシー・スミスの半生を描いたTV映画である「ベッシー(邦題:ブルースの女王)」がクイーン・ラティファの主演で公開された。

詳細はこちら → ブルースの女王

 

 

代表曲

主な代表曲

Down Hearted Blues(1923年)

1922年の曲で、作者はジャズ・ブルースシンガーのアルバータ・ハンターとジャズ系ピアニストのロビー・オースティン。アメリカの学校における「文化遺産」である、”20世紀の歌”という365曲のリストがあり、この曲は315番目にランキングされているほど、アメリカにとっても代表的な曲となった。加えて”ロックの殿堂”と”グラミー殿堂賞”にも入っているとても有名な曲でもある。

1923年、ベッシー・スミスはこの曲をクラレンス・ウィリアムズのピアノ伴奏で最も早くカバーをしてデビューした。驚くことにリリース後6ヶ月ほどで78万枚を売上げ、いきなりスターダムにのし上がったのである。

これだけの有名な曲でもあり、その後とてもたくさんのミュージシャンがカバーをすることになる。

重要度 4.0
知名度 4.5
ルーツ度 4.0
好み 3.0
総合 4.0

 

 

Baby Won’t You Please Come Home(1923年)

この曲も1923年の初回録音時のものでピアノはクラレンス・ウィリアムズが弾いている。1919年にチャールズ・ウォーフィールドというジャズ系の作曲家が書いたブルース曲で、かなり多くのジャズミュージシャンにカバーされているスタンダード。

クラシック・ブルースは録音された時期かなり早いが、ジャズっぽい曲が多いのも特徴だ。特にこの曲のようにピアノ伴奏となると、時代的にもラグ・タイム〜ジャズの要素が入ってくるというのも納得できる。

ベッシー・スミスのこのバージョンが最初のヒットで、チャートで最高6位までいっている。とても力強く伸びのある歌い方はまさにビリー・ホリデイであり、ジャニス・ジョプリンのようだ。

重要度 3.5
知名度 4.0
ルーツ度 3.5
好み 3.5
総合 3.5

 

 

Tain’t Nobody Business If I Do(1923年)

有名なブルース・スタンダードナンバー。サラ・マーティンやアルバータ・ハンターなど他の女性クラシック・ブルースシンガーたちも録音しているが、ヴォードヴィルにその前身を持つベッシー・スミスは本当にこういう曲を歌わせたら天下一品である。

同性愛者だったと言われているベッシー。時代が彼女にとっては辛かったのかもしれないが、「あんたの知ったこっちゃないわよ」と強く歌う彼女のやってられない感が、100年近く経った今となっても心に響いてくる。好きな一曲だ。

重要度 3.5
知名度 4.0
ルーツ度 3.5
好み 3.5
総合 3.5

 

 

St. Louis Blues(1925年)

ベッシー・スミスと言えばこれ、というくらいに有名な曲。数々のジャズ系ミュージシャンもカバーしているほどのスタンダードである。W.C.ハンディが起譜した。

中でもベッシー・スミスのバージョンは評価が高い。特にこの1925年のバージョンはサッチモと共演していてグラミー賞で殿堂入りした歴史的な曲でもある。

また、この「St. Louis Blues」は1929年に短編映画化され、そこにはベッシーも出演している。

重要度 4.5
知名度 4.5
ルーツ度 4.0
好み 3.5
総合 4.0

 

 

After You´ve Gone(1927年)

日本語で「君去りしのち」という題で有名なこの曲はブルース、ジャズ、ポップスなどあらゆるジャンルでカバーされたアメリカのラブソングである。実はベッシーより早く白人のマリオン・ハリスが1918年に吹き込んでいるポップスソングでもある。

この曲でのベッシー・スミスはとてもパワフルに歌っていて迫力があるので、ぜひ堪能してもらいたい。ちょっと未練たらしい歌詞だが、そんな人間の本性が伝わってくる曲。

重要度 3.5
知名度 4.0
ルーツ度 3.5
好み 3.0
総合 3.5

 

 

Empty Bed Blues(1928年)

この「Empty Bed Blues」はpart1とpart2の2テイクがあり、この動画では両方をつなげて編集してくれているので、全部で6分を超す長さになっている。3分を過ぎた辺りでブレイクがあるのでわかりやすい。

「今朝とてもひどい頭痛で起きた」なんて出だしはモロにブルースだし、曲自体もかなりねっとりとしたスローブルースに仕上がっている。また、この曲の中でトロンボーンを吹いているのはチャーリー・グリーンでピアノはポーター・グレンジャーという素晴らしいメンツだ。

重要度 3.0
知名度 3.5
ルーツ度 4.0
好み 3.0
総合 3.5

 

 

Devil’s Gonna Get You(1928年)

この頃になるとベッシー・スミスはかなり自分の歌声にも自信が出てきたのだろう。かなり力強い少しドスの効いたような歌い方になっている。バックのピアノ、クラリネット、サックスの音が控えめに感じてしまう。

この曲は他にあんまりカバーもされておらず、ベッシーのバージョンが最も有名である。個人的に結構好きな曲。

重要度 3.0
知名度 2.5
ルーツ度 3.0
好み 3.5
総合 3.0

 

 

Nobody Knows You When You’re Down and Out(1929年)

最も代表的な曲のうちの一つ。悲しい男のブルースで邦題は「落ち目になったら知らん顔」。前は何もかもが上手く行っていたのに、世の中が不景気になって金回りも悪くなり、みんなが離れていって、ドツボにはまるといった内容で、日本の憂歌団も独自の解釈でカバーしている。1923年にジミー・コックスというソングライターが書いたヴォードヴィル風の曲で、後にベッシー・スミスが流行らせた。

その後もジャンルを問わずたくさんのミュージシャンがカバーをしてスタンダードナンバーとなった。クラプトンもやっている。

曲の方は、なんとも言えないようなやるせなさが漂っていて、つい酒でも飲みたくなってしまう。

重要度 3.5
知名度 4.0
ルーツ度 3.5
好み 3.5
総合 3.5

 

 

On Revival Day(1930年)

この曲はカッコいい。少しゴスペルっぽいが、ベッシーの歌はメチャクチャ迫力があって、本人もかなりノッているんじゃないかと感じる。さすがの声量に圧倒されそう。軽快なピアノのバッキングにリズミカルなヴォーカルがあまりにもハマっていて最高だ。

初期の曲ではないが、なぜかあんまりこの曲は代表的な曲としては挙がってこない。このヴォーカルはかなり後の女性シンガーには影響を与えていると思うのだが・・・。

重要度 4.0
知名度 2.5
ルーツ度 3.5
好み 4.5
総合 3.5

 

 

Gimme A Pigfoot(1933年)

ウェズリー・ウィルソンとクート・グラントという音楽夫婦が1933年に作曲した。すぐさまベッシーがリリースすることで有名になった。ジャズのようなスイングの曲であるが、ベッシーのどっしりとした声がスロー・ブルースのような雰囲気を醸し出していて相変わらず迫力がある。

やはりベッシー・スミスはその大きな体で腹の底から感情を出していたのだろう。他のシンガーを寄せ付けないほどに圧倒的な声量であった。早くに不慮の事故で死んでしまったのは残念で仕方がない。

重要度 3.0
知名度 3.5
ルーツ度 3.5
好み 3.5
総合 3.5

 

 

その他の曲

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
CTR IMG