TAG

オールドタイム

  • 2021年3月8日

Vernon Dalhart(ヴァーノン・ダルハート)

クラシック上がりのオールドタイム・ヒットメーカー ◯元々クラシック上がりで知名度あり、レコードはかなり売れた。 ◯カントリー・ミュージック殿堂入り ◯1998年、「The Prisoner’s Song」でグラミー殿堂賞 「Wreck Of The […]

  • 2021年4月18日

Blind Alfred Reed(ブラインド・アルフレッド・リード)

(出典:Discogsより) 盲目のプロテスト・ミュージシャン ◯生まれつき盲目で貧しい家に育つ。 ◯風刺などの歌が多く、初期のプロテスト・ミュージシャンとも言われる。 ◯1927年の初期ブリストルセッションにフィドルで参加。4曲録音 → ラルフ・ピ […]

  • 2021年3月8日

Samantha Bumgarner(サマンサ・バンガーナー)

女性初のカントリー・ミュージックの商業録音という功績 ◯エヴァ・デイビスと共に女性のカントリー・ミュージシャンでしかも初のバンジョーの商業録音 ◯マウンテンダンス&フォークフェスティバルに30年間毎年出演 ◯ピート・シーガーへ影響を与えた。 「Big […]

  • 2021年3月7日

Uncle Eck Dunford(アンクル・エック・ダンフォード)

生涯生粋のオールドタイム・ミュージシャン (出典:Discogs) ◯ヴァージニア州南西部(オールドタイム・ミュージックの聖地)キャロル郡出身 ◯1927年の初期ブリストルセッションに参加 → ラルフ・ピア ◯フィドラーとしてアーネスト・ヴァン・スト […]

  • 2021年3月7日

Fiddlin’ John Carson(フィドリン・ジョン・カーソン)

カントリー・ミュージック初の商業録音を行った開祖 ◯ジョージアでのフィドルチャンピオン ◯ラルフ・ピアによる初回録音2曲(1923年6月14日) ◯アフリカ系アメリカ人の英雄ジョン・ヘンリーについて最古の記録を残した。 「Fare You well, […]

  • 2021年1月9日

Mississippi John Hurt(ミシシッピ・ジョン・ハート)

”再発見された伝説のブルースマン” ミシシッピ・ジョン・ハート ブルースマンであり、さらにもっと広いジャンルを取り込み総合的にフォーク・ミュージシャンの祖として崇められたレッド・ベリーと同じような地位を築いたミシシッピ・ジョン・ハート。 彼もまた、ア […]

  • 2021年3月23日

Uncle Dave Macon(アンクル・デイブ・メイコン)

”バンジョー・プレーヤーの王” アンクル・デイブ・メイコン ※(アイキャッチ画像:出典=JblattnerNYC) かのジミー・ロジャーズが”カントリーミュージックの父”ならば、このアンクル・デイブ・メイコンは”祖父”であると、チャールズ・ウルフとい […]

  • 2021年3月23日

The Carter Family (カーター・ファミリー)

”アメリカン白人バンドの元祖” カーター・ファミリー カーター・ファミリーというグループが遺した功績というものはかなり大きい。後のカントリーやフォークの基礎を作ったという意味でもそうだし、アメリカン・ポピュラー・ミュージック界全体における影響力を考え […]

  • 2021年3月23日

Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャーズ)

”カントリー音楽の父” ジミー・ロジャーズ 1920年頃の初期のカントリーは「ヒルビリー」や「オールドタイム」とか呼ばれるが、最初のスーパースターはまぎれもなく、このジミー・ロジャーズである。 ジミー・ロジャーズは結核となってしまい、残念ながら35歳 […]

NO IMAGE
CTR IMG